外資系はワークライフバランス重視

外資系では残業が推奨されない

外資系企業ではワークライフバランスが重視されているのが一般的です。海外では日本に比べてワークライフバランスを充実させることが早い段階から進められてきた影響があり、企業としても就業規則で定められた就業時間内に仕事をするように指導をしている傾向があります。従業員としてもそれが当然と受け止めている場合がほとんどで、残業は指示がなければしないのが基本です。もともと残業は業務上やむを得ないときにだけ行うものなので、本来の意味に従った働き方ができると考えられるでしょう。

日本では高度経済成長の時期に培われた文化が根付いてしまっていて自主的に残業をする人も多く、特に強制されずとも業務をこなすために残業しようと考えてしまうことも珍しくありません。しかし、業務が終わらないのは自分にこんなに多くの仕事を割り振った上司の責任だと考え、その日のうちに残業をしてでもこなそうとはせず、翌日に回すという考え方が外資系企業では普通です。裏を返せば上司の責任が大きいということになりますが、その自覚を持って上司も仕事の配分を考えています。きちんとワークライフバランス重視の文化が根付いているので当然のように仕事が適正量渡されることになるのです。

スタートアップベンチャー企業は例外的

ワークライフバランス重視の風土があるのは外資系企業に共通することですが、企業によっては就業規則に定められた就業時間通りに働くのが当たり前になっていないこともあるので注意しましょう。ワークライフバランスの考え方はもともとは本人が希望する仕事と私生活のバランスを整えて、両方を充実させられるようにするというものです。日本では私生活をないがしろにして仕事一辺倒にならざるを得ない人が多いことを考慮し、仕事を定時通りに終えられるようにするのを重視する傾向があります。しかし、実際には仕事を中心にして生活を組み立て、仕事を通して自己実現をしたい人もいるでしょう。

外資系企業でもこのような考え方の風土を持っているところがあります。代表的なのがスタートアップベンチャー企業で、まだ起業してから間もない時期であれば昼夜を問わずに働くのが当然になっている場合がほとんどです。事業を成功させることこそが楽しみと考えている人が集まっているので、理想的なワークライフバランスが仕事よりになっています。それでも日本のスタートアップベンチャー企業に比べると過重労働を避けるための配慮がなされているので安心して働ける環境が整っているのが一般的です。

© Copyright Foreign-Affiliate Companies. All Rights Reserved.