外資系転職で必要なスキル

語学力が長けている人は高い評価を受けやすい

外資系転職の際に求められるスキルは転職先の企業の事業内容や職種によりますが、語学力が長けている人は仕事上の様々な場面で高い評価を受けやすい傾向が見られます。国内外に多数の営業所がある外資系企業の中には、中途採用試験の際に職種を問わず、日常会話レベルの英会話のスキルを応募条件に定めているところもあります。そこで、志望企業の試験を突破するうえで、英会話スクールへ通学したり通信教材を利用したりと自分に合った学習方法を早めに選択することがおすすめです。

また、営業職や総合職など日々の業務の中で外国人の社員や顧客とコミュニケーションを取る機会が多い職種については、中途採用時の英会話のスキルの水準が高い企業も多くあるため、余裕を持って企業研究をすることが重要となります。一般的に、海外勤務経験が豊富な人や、難易度が高い語学の検定に合格した人は、採用後に基本給が高くなったり様々な手当の支給を受けられたりすることがあり、将来的に高収入を得ることも可能です。転職後に外資系企業内で出世をするために最低限必要な英会話のスキルについて詳しく知りたい場合には、転職セミナーなどチャンスを利用して志望企業の担当者に直接質問をすると良いでしょう。

高度な専門スキルを持つ人は国内外の営業所で活躍しやすい

情報処理や医療、機械など高度な専門スキルを持つ人は、外資系企業に転職をした後に国内外の営業所で中心的なポジションに就いて力を発揮することが可能です。社内に優秀な技術者が不足している外資系企業の中には、様々な業界の業務経験を持つ転職希望者を好条件でヘッドハンティングしているところも多くあります。また、大きなプロジェクトの責任者を務めたことがある人や、部下の指導経験が豊富な人については、外資系企業の中途採用試験の際に有利に働くケースが珍しくありません。

そうした中、求職中に将来性のある外資系企業を見極めるうえで、多くの転職希望者に支持されている求人サイトや人材紹介会社などを利用して、余裕を持って志望業界の業績が良い企業の採用状況について調べることがおすすめです。なお、転職後に順調に自分が得意な分野のスキルアップを図るには、長期にわたる業務研修の機会が用意されているところや、中堅社員や管理職が働きやすい環境が整っているところを職場に選ぶことが大切です。その他、技術者として将来を見据えて海外駐在のキャリアを積みたい人は、有能な中途採用者を対象とした人事異動が活発に行われている外資系企業を探してみましょう。

© Copyright Foreign-Affiliate Companies. All Rights Reserved.